COUNT関数の使い方:特定の個数の計算:Excel

Excelの関数で特定のデータの個数を求める数式にはCOUNT関数・COUNTA関数・COUNTBLANK関数があります。初心者の方でも解りやすいように図解式で詳しく解説します!

この記事は以下のような人におすすめ!

★Excelで特定の個数を求めたい

★Excelで空白の個数を求めたい

★COUNT関数の使い方について知りたい

★COUNTBLANK関数の使い方について知りたい

スポンサーリンク

COUNT関数とCOUNTA関数の違い

COUNT関数とCOUNTA関数との違いは数えるデータの種類が違います。

COUNT関数数値が入力されたセルの個数を数えます(空白以外)

COUNTA関数数値と文字列の個数を数えます(空白以外)

COUNT関数の使い方

■【COUNT】関数は数値の個数のみを計算します。

【例】=COUNT(H3:H6)

※文字列や空白は計算しません

書式COUNT(値1[,値2,…])
引数値1,値2,…:数値が入力されたセル参照やセル範囲を指定する
戻り値値1,値2,…の数値が入力された個数を返す

COUNT関数の使い方:例➡全国の店舗の中からイベントを開催した店舗の数が知りたい

①下図の各支店の『H』列にイベントを開催した店舗数を【I3】に求めます。

①セル【I3】を選択します。

②メニューから【オートSUM】の下向き三角矢印をクリックしプルダウンメニューから【数値の個数】を選択します。

③範囲選択をセル【H3】~【H6】に変更します。

④セル【H3】~【H6】を範囲選択しましたら【Enter】キーを押します。

■イベントを開催した店舗数は東支店と北支店の2店舗ですのでセル【I3】に【2】と表示されていれば正解です。

全国の店舗の中からイベントを開催した店舗の数が知りたいときにCOUNT関数を使う

答えは2店舗でした。

COUNTA関数の使い方

■【COUNTA】関数は数値文字列数式などのデータが入力されている個数を計算します。

例:=COUNTA(H3:H6)

※空白セルは計算しません

書式COUNTA(値1[,値2,…])
引数値1,値2,…:データが入力されたセル参照やセル範囲などを指定する
戻り値値1,値2,のデーラが入力された個数を返す

COUTA関数の使い方:全国の店舗の中からイベントの企画を行った店舗の数が知りたいとき

ポイント①:今回はイベントの企画をした店舗数を数えます(参加した店舗と辞退した店舗の両方)

ポイント②:辞退した店舗はセルに辞退と文字列で入力されていますので、CONUTA関数を使います。

①セル【J3】をアクティブセルにします。

②リボンから【数式】を選択し【その他の関数】→【統計】→【COUNTA】を選択します。

■『関数の引数』のダイアログボックスが表示されましたら【値1】のセル範囲を変更します。

③値1にセル【H3】~【H6】を範囲選択します。

■イベント・『H』列の支店の数がセル【J3】に3と表示されていれば正解です

COUNTBLANK関数の使い方

■【COUNTBLANK】関数は空白の個数のみを計算します。

例:=COUNTBLANK(H3:H6)

COUNTBLANK関数の使い方:全国の店舗の中からイベントを延期した店舗の数が知りたいとき

ポイント①:今回はイベントの延期をした店舗の数を数えます(イベントを延期した店舗セルが空白)

①セル【K3】をアクティブセルにします。

②リボンから【数式】を選択し【その他の関数】→【統計】→【COUNTBLANK】を選択します。

■『関数の引数』のダイアログボックスが表示されましたら『範囲』のセル範囲を変更します。

③『範囲』にセル【H3】~【H6】を範囲選択します。

■イベントの開催が未定の西支店の空白セルがセル【K3】に1と表示されていれば正解です。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事