Windows11とOfficeをもっと詳しくもっと丁寧に
新着情報はこちら

短時間でおしゃれなプレゼンテーションを作成:Power Point

Power Point基本操作
記事内に広告が含まれています

WordやExcelで作成した資料もプレゼンテーションに活用したい!そんな時は、PowerPointと、Word・Excelのデータの関連付けを行うことでプレゼンに活用できます。WordとExcelのデータをPowerPointと連携して、プレゼンテーションを作成する方法を解説します。

この記事は次の様な人におすすめ

★PowerPointでプレゼンテーションを作成する方法について知りたい
★スライドショーの使い方について知りたい
★WordやExcelをPowerPointに関連付けする方法が知りたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでプレゼンテーションを作成する方法

WordとExcelで作成した資料をPowerPointと連携して、プレゼンテーションを作成する方法を紹介します。

WordやExcelで作成した資料をPowerPointのプレゼンテーションで活用したい時におすすめです。

プレゼンテーションで、Word とExcelのファイルを連携して使用することにより、動的なプレゼンテーションを作成することができます。

(WordとExcelをPowerPointと連携)

PowerPointで使用する機能

★SmartArt
★ハイパーリンク
★ワードアート

プレゼンテーション完成までの流れ
  • STEP1
    プレゼンテーションを作成する
  • STEP2
    SmartArtやワードアートを設定する
  • STEO3
    WordやExcelのデータをPowerPointと紐づけする

(Wordで作成した文書)

(Excelで作成した表とグラフ)

PowerPointに関連付けできるファイルについて!

PowerPointは、WordやExcel・画像ファイル・メモ帳などのファイルを、関連付けて表示することができます。

今回は例としてWordやExcelで作成したデータを、画像ファイルに変換して紐づけをしています。

PowerPointと関連付けできるファイル
  • Wordのファイル
  • Excelのファイル
  • 画像ファイル
  • メモ帳などのテキスト

プレゼンテーションの作り方

最初にプレゼンテーションのデザイン

🥉手順①:PowerPointを開き、プレゼンテーションの新規テンプレートを1つ選択します。

今回は、例として「ファセット」で解説します。

好みのテンプレートが一覧にない場合は検索ボックスにに任意のキーワードを入力して検索します。

🥉手順②テンプレートを選びましたら【作成】をクリックします。

タイトルを入力する

🥉手順①:スライドが表示されましたら【タイトル】と【サブタイトル】を入力します。

🥉手順②:タイトルを装飾する場合は【タイトル】を選択します。

🥉手順③:次に【図形の書式】タブを選択し、【ワードアートのスタイル】の▼をクリックします。

④『ワードアート』の一覧から任意のスタイルを選択します。

セクションを追加しセクション名を記入する方法

セクションとは、スライドをグループに分ける機能です。

🥉手順①:スライドを右クリックして【セクションの追加』を選択します。

■メニュー内の『セクションの追加』を選択します。

🥉手順②:『セクション名の変更』のダイアログボックスに、任意の【セクション名】を記入し【名前の変更】をクリックします。

■スライドの左上に『セクション名』が追加されました。

新しいスライドを追加する

🥉手順③:『ホーム』タブから【新しいスライドを追加】を選択し【タイトル】を入力します。

🥉手順②:タイトルの配置とフォントサイズ・デザイン(ワードアート)を適用します。

SmartArtを作成する方法

SmartArtは図形や文字で構成される図表の一種で、組織図や関連性などをリスト化し分かりやすく表示することができます。

🥉手順①:新しいスライドが追加されましたら、下部のコンテンツ領域から【SmartArtグラフィックの挿入】アイコンをクリックします。

🥉手順②:『SmartArtグラフィックの選択』のリストの中から【縦方向円形画像リスト】を選択します。

🥉手順③:次に挿入したSmartArtを選択し【タイトル】を入力します。

SmartArtに画像を挿入する

🥉手順①:『SmartArt』が表示されましたら、下記の黄色い矢印の部分をクリックして、任意の画像を挿入します。

🥉手順②:『図の挿入』画面では【ファイルから】【ストック画像】【オンライン画像】のいずれかを選択して、任意の画像を挿入します。

■『SmartArt』に画像が表示されました。

新しいスライドを追加する

最後のスライドを追加します。

🥉手順①:『ホーム』タブから【新しいスライド】選択しスライドを追加します。

🥉手順②:3番目のスライドに【タイトル】と【サブタイトル】を入力します。

■タイトルとサブタイトルが入力されました。

これでプレゼンテーションの基本的な作成が完了しましたので、次にWordとExcelの画像データを関連付けしていきます。

PowerPointにWordとExcelを関連付ける方法

PowerPointは、WordやExcel・画像ファイル・メモ帳などのファイルを、ハイパーリンクで関連付けて表示することができます。

スライドとハイパーリンクの関連図

今回使用したリンク先は、WordとExcelで作成した画像データです。

Wordで作成した画像データ

Excelで作成した画像データ

SmartArtに外部ファイルをハイパーリンクとして設定する方法

今回は例としてSmartArtを使用して、PowerPointにWordとExcelのデータを関連付ける方法を紹介します。

タイトルが挿入されましたら、他のファイルとのリンク付けを行います。

🥉手順①:『SmartArt』の画像を選択します。

🥉手順②:リボンの『挿入』タブから【リンク】を選択します。

🥉手順③:『ハイパーリンクの挿入』ダイアログボックス内の『検索先』をクリックしてWordやExcelのファイルまたは、画像データが格納されたファイルを選択し中央画面の中からリンクしたいファイルを選択します。

今回は、事前にWordとExcelで、作成した資料の画像ファイルをリンク先に指定しました。

リンク先の指定はWebへのハイパーリンクを使用することもできます。

スライドショーが完成しましたので、次にスライドショーを再生する方法を紹介します。

スライドショーの再生方法

スライドショーの再生方法は、PowerPoint画面のリボンの中から【スライドショー】タブを選択し、リボン左側の【最初から】をクリックすると、スライドショーの再生が始まり全画面表示になります。

【F5】キーを押すとスライドショーを先頭から再生できます。

スライドショーの操作方法

スライドショーの操作方法は、キーボードを使用する方法が簡単に操作できます。

次に進む:【Enter】or【スペース】

1つ手前に戻る:【Back Space】

終了:【Esc】

ハイパーリンクの開き方

🥉手順①:ハイパーリンクを設定した箇所を右クリックします。

🥉手順②:コンテキストメニューが表示されましたら一覧から【リンクを開く】を選択します。

🥉手順③:『Microsoft PowerPointのセキュリティに関する通知』が表示されましたら【はい】をクリックすると、ハイパーリンクに設定したWordやExcelの画像データが表示されます。

【Ctrl】キーを押しながら、ハイパーリンクをクリックすると、リンク先の画像データが表示されます。

MITSUHIKO
MITSUHIKO

最後まで読んで頂きありがとうございます!