Windows11とOfficeをもっと詳しくもっと丁寧に
Windows11の評判は?メリットと新機能をレビュー!

Windows11時計の表示を午前/午後・AM/PMの12時間制にする方法!

Windows11
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows11のタスクバーの時刻の表示形式は、標準では24時間制で表示されています。通知領域の時刻の表示形式を12時間制に変更して、午前/午後やAM/PMを表示する方法を詳しく解説します。

この記事は次のような人におすすめ!

★タスクバーの時計を24時間制から12時間制に変更したい
★タスクバーの時計に午前/午後を表示したい
★タスクバーの時計にAM/PMを表示したい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アビバ

Windows11の時計の表示形式

Windows11のデフォルト設定では、タスクバーの時刻は、24時間制で表示されています。

タスクバーの時刻の表示形式を変更して、午前/午後AM/PMを表示する方法を詳しく解説します。

(24時間制の時刻表示)

タスクバーの時刻の表示形式を変更する方法

Windows11の時計の表示形式を変更することにより、下図左側の12時間制の午前/午後や下図右側のように時刻にAM/PMを表示することができます。

24時間制7:3015:41
12時間制【午前/午後】午前7:30午後 3:51
12時間制【AM/PM】AM7:30PM 3:51

時刻の表示形式【形式のカスタマイズ】を使用する方法

タスクバーの時刻の表示形式を変更する場合は、時刻の表示形式『形式のカスタマイズ』を使用します。

🥉手順①:タスクバーの『検索ボックス』に【コントロールパネル】と入力します。

🥉手順②:検索結果に『コントロールパネル』が表示されましたら【開く】をクリックします。

🥉手順③:『コントロールパネル』が表示されましたら『時刻と地域』の一覧から【日付、時刻、数値形式の変更】をクリックします。

🥉手順④:『地域』のダイアログボックスが表示されましたら『形式』が選択されていることを確認し【追加の設定】をクリックします。

『形式のカスタマイズ』は、通知領域の時刻の表示形式を変更する場合に使用しますので、操作方法を覚えておきましょう。

通知領域の時刻に午前/午後やAM/PMを表示したい場合は『形式のカスタマイズ』の時刻の形式の時刻(短い形式)、午前の記号、午後の記号を設定します。

タスクバーの時刻に午前/午後を表示する方法

Windows11のタスクバーの時刻に午前/午後を表示する方法を解説します。

時刻の形式名時刻の形式
時刻(短い形式)tt h:mm
午前の記号午前
午後の記号午後

🥉手順①:最初に前章の🥉手順④までを実行し『形式のカスタマイズ』を表示します。

🥉手順②:『形式のカスタマイズ』が表示されましたら『時刻』を選択し『時刻の形式』の一覧の『時刻(短い形式)』を【tt h:mm】へ変更し『午前の記号』を【午前】に変更し『午後の記号』を【午後】に変更し【OK】をクリックします。

タスクバーの時刻にAM/PMを表示する方法

Windows11のタスクバーの時刻に午前/午後を表示する方法を解説します。

時刻の形式名時刻の形式
時刻(短い形式)tt h:mm
午前の記号AM
午後の記号PM

🥉手順①:最初に前章の🥉手順④までを実行し『形式のカスタマイズ』を表示します。

🥉手順②:『形式のカスタマイズ』が表示されましたら『時刻』を選択し『時刻の形式』の一覧の『時刻(短い形式)』を【tt h:mm】へ変更し『午前の記号』を【AM】に変更し『午後の記号』を【PM】に変更し【OK】をクリックします。

Windows11タスクバーに曜日を表示!日付の形式を変更する方法!
Windows11でタスクバーの通知領域に曜日を表示する方法と日付の表示形式を変更する方法を詳しく解説します。日付の表示形式を和暦や長い形式の西暦に変更する方法も詳しく解説します。
MITSUHIKO
MITSUHIKO

最後まで読んでいただきありがとうございます!

テキストのコピーはできません。