エクセルでグラフを作成する方法と編集方法!

Excelでグラフを作成するとデータの分析結果をいち早く比較できるメリットがあります。また、時系列のデータの比較も容易になり問題の分析効果を高めるメリットがあります。エクセルでグラフを作成する方法と凡例と軸ラベルの編集方法を詳しく解説します!

この記事は以下のような人におすすめ!

★Excelでグラフを作成する方法について知りたい

★グラフの編集方法について知りたい

スポンサーリンク

エクセルでグラフを作成するメリット

数値を時系列に比較する場合は表よりもグラフで表したほうが直観的に分析しやすいので表を作成したらグラフも一緒に作成することをお勧めします。

(円グラフ)

(縦棒グラフ)

グラフの利点資格効果に優れ数値の変化や差異を瞬時に理解することができます。

グラフの利点:週単位や月単位など年月が長期化する数値の変化を時系列に比較するのに適しています。

Excelでグラフを作成する方法

今回は下記の表を参考に月別の「東支店」から「北支店」までの各支店の売り上げ推移グラフを作成してみます。

MITSUHIKO
最初に表の必要な範囲のみを選択します

①セル【B2】~【F6】まで範囲選択しリボンの【挿入】を選択します。

MITSUHIKO
実際のセルの範囲指定は比較する項目と数値を選択します

②【縦棒/縦棒グラフの挿入】を選択します。

③【積み上げ縦棒】を選択します。

グラフのタイトルを変更する方法

①『グラフタイトル』をクリックしてファンクションキーの【F2】を押してグラフのタイトルを任意の名前に変更します。

グラフの凡例の位置を変更する方法

①グラフを選択し【グラフ要素を追加】➡【凡例】➡【上】を選択します。

グラフの凡例が下から上に移動したのを確認します。

グラフの軸ラベルの編集する方法

①グラフ右上の+のマークをクリックして【軸ラベル】に㋹を入れます。

2ヶ所の軸ラベルのタイトルを入力します。

左側の軸ラベルを横書きから縦書きに変更します。

①左側の軸ラベルを右クリックして【軸ラベルの書式設定】を選択します。

②Excel画面右側の『軸ラベルの書式設定』の【文字のオプション】を選択します。

③『文字のオプション』から【テキストボックス】をクリックし『文字列の方向』を【縦書き】に変更します。

グラフの左側の軸ラベルが縦書きに変更されました。

グラフが完成した全体的なイメージです。

グラフに追加データを反映するには?

グラフに追加データを反映させるには表内のデータを変更するとグラフに自動的に反映されます。

MITSUHIKO
グラフに自動反映できるのは範囲選択された表内のみです

例①:セル【C6】北支店の4月の売り上げを17から1,000に変更してみます。
例②:各支店の8月のデータを追加します。

例①:セル【C6】北支店の4月の売り上げを17から1,000に変更されています

例②:各支店の8月のデータがグラフに自動的に反映されています。

新たな追加データ(表外のデータ)をグラフに反映させる方法

表の外部のデータをグラフに反映させるには表の【範囲選択を再指定】します。

:セル【J2】~【J6】の『平均値』をグラフに反映します。

①グラフの外枠をクリックします。

グラフの外枠をクリックするとグラフ全体のデータ範囲が表に表示されます。

②表の選択範囲を新しいデータ『平均値』まで選択範囲の角にカーソルを移動しや矢印マーク【⇔】がでたらドラッグします。

③新しく追加したデータ『平均値』がグラフに反映されていることを確認し【Enter】を押します。

■グラフに『新しいデータ』が反映されました。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事