仮想デスクトップの使い方【Windows11】機能が進化して作業効率UP!

Windows11の仮想デスクトップ機能は、背景画像をデスクトップ毎に設定できるようになり、使いやすくなりました。PCモニター1台の環境でもデスクトップを複製することで、開いているウインドウを縮小することなく快適に作業できます。Windows11の仮想デスクトップ機能の便利な使い方を紹介します。

この記事は以下のような人におすすめ!

★複数のタスクをキープしながら作業したい。

★仮想デスクトップ機能の使い方について知りたい。

★仮想デスクトップの操作で、ショートカットキーを、使う方法について知りたい!

スポンサーリンク

仮想デスクトップ機能の使い方

仮想デスクトップとは、デスクトップ環境をマルチ化して、複数のタスクを「デスクトップ画面」を切り替えながら並行して作業できる機能のことをいいます。

Windows11の仮想デスクトップは、仮想デスクトップ毎に壁紙を個別に設定することが可能になりました。

別の仮想デスクトップに切り替える際に、背景画像を確認して直観的に、仮想デスクトップを切り替えることが可能になりました。

MITSUHIKO
PCモニター1台の環境で作業効率UP!

【仮想デスクトップ機能】を使用するメリット

仮想デスクトップのメリット

作業環境を独立してキープできる

マルチタスク環境で作業できる

③異なる作業を並行して実行できる

MITSUHIKO
『マルチタスク』とは複数の作業を同時に実行する機能です

◎仮想デスクトップの①~③のタスクを並行して実行することができます。

仮想デスクトップ①~③作業内容
仮想デスクトップPhotoshopで画像の編集作業
仮想デスクトップWebページの閲覧
仮想デスクトップOfficeで作業

新しいデスクトップを追加する方法

Windows11では、デフォルトでタスクバーに『タスクビュー』のアイコンが登録されてします。

Windows11の仮想デスクトップの起動方法は、2通りありますので、それぞれ解説します。

ショートカットキー

★新しいデスクトップを追加:【Ctrl】+【Win】+【D】

手順①

タスクバーの『タスクビュー』のアイコンに、マウスカーソルを移動し【新しいデスクトップ】の【+】をクリックします。

手順②

タスクバーの『タスクビュー』のアイコンを、1度クリックすると一部の背景が白くなります。
その状態で『新しいデスクトップ』の【+】をクリックすると、新しいデスクトップが起動します。。

タスクビューを表示する方法

タスクビューとは

タスクビューとは仮想デスクトップの作業環境のことをいいます。
タスクビューの画面でデスクトップの切り替えや削除・デスクトップの移動などを行うことができます。

ショートカットキー

★タスクビューを表示:【Win】+【Tab】

①『タスクバー』の『タスクビュー』のアイコンをクリックします。

タスクビューモードでは、画面が白くなります。

仮想デスクトップの切り替え方法

Windows11で、仮想デスクトップを切り替える方法は、タスクバーの『タスクビュー』をクリックし、タスクビューが開いた状態で任意のデスクトップを選択します。

ショートカットキー

★左へ移動:【Ctrl】+【Win】+【◀】

★右側へ移動:【Ctrl】+【Win】+【▶】

今回は、例として下図の、4か所『Photoshop』『Webページ』『Word』『デスクトップ4』のデスクトップの中から『Word』を起動する方法を紹介します。

①『タスクバー』の『タスクビュー』をクリックして、左から3番目の『Word』を選択します。

仮想デスクトップにタイトルを追加する方法

メインデスクトップや「仮想デスクトップ」ごとに「タイトル」を付けることができます。

デスクトップごとに名前「タイトル」をつけておくとで、作業がしやすくなります。

①下図の例では『タスクバー』の『タスクビュー』をクリックし「デスクトップ1」をクリックすると青色に変化しますので、任意の名前に変更します。

「デスクトップ1」のデフォルトの【タイトル1】をクリックし任意のタイトル名を入力します。

■『タスクビュー』の左から『Photoshop』『Webページ』『Word』に仮想デスクトップのタイトルを変更しました。

仮想デスクトップを削除する方法

使用しなくなった仮想デスクトップを削除する方法を紹介します。

※「仮想デスクトップ」を削除すると開いている『アプリケーション』や『ウインドウ』は左側のデスクトップへ自動的に移動します。

ショートカットキー

★仮想デスクトップを削除:【Win】+【Ctrl】+【F4】

①『タスクマネージャー』の『タスクビュー』をクリックして、仮想デスクトップの右上の閉じるボタン☒をクリックします。

デスクトップの配置を変更する方法

移動したい『デスクトップ』をドラッグ&ドロップしながら任意の場所へ移動することができます。

※使用中のデスクトップの場所へ移動すると、もとのデスクトップは、左側へ移動します。

ウインドウをすべての仮想デスクトップに表示する方法

仮想デスクトップの使用例として、常時使用するウインドウなどは、デスクトップを切り替えずに使用した方が使いやすい場合があります。

開いている任意の『ウインドウ』をすべての「仮想デスクトップ」に表示することができます。

①『タスクマネージャー』の『タスクビュー』をクリックして、任意の【デスクトップ】をクリックします。

②表示されたウインドウを右クリックしメニューから【このウインドウをすべてのデスクトップに表示する】を選択します。

■すべてのデスクトップに表示されました。

仮想デスクトップの背景を変更する方法

Windows10では個別のデスクトップに壁紙をしていすることができませんでしが、Windows11では、仮想デスクトップ毎に異なる壁紙を設定することができるようになりました。

デスクトップごとに壁紙を設定することにより、デスクトップの確認作業の効率が上がります。

①『スタートボタン』をクリックし『設定』から【個人用設定】を選択し任意の壁紙を選びます。

※壁紙を変更すると、全てのデスクトップの背景が変更される場合は、残りのデスクトップに別の壁紙を指定すると各デスクトップの背景画像が正常に表示されます。

■仮想デスクトップ毎に異なる壁紙が設定されました。

まとめ

Windows11の仮想デスクトップは、タスクバーから簡単に始めることができ、デスクトップ毎の壁紙も自由に指定できるなどの機能が追加されていした。

仮想デスクトップ機能を使えば『シングルモニター環境』でもデスクトップごとに、ウインドウを振り分けることができるので作業効率がUPします。

デスクトップの操作も、ショートカットキーを併用することでより、素早く作業できます。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事