Windows11とOfficeをもっと詳しくもっと丁寧に
新着情報はこちら

初心者向け便利なショートカットキーの覚え方!

パソコン活用法

✨本ページはプロモーションが含まれています。

ショートカットキーは、パソコン操作を効率化するためのツールとして必要不可欠ですが、使いこなすためには正しい指使いで練習することが大切です。初心者向けに時短効果が高いショートカットキー26個と正しい練習方法を詳しく紹介します。

この記事は次のような人におすすめ

★ショートカットキーを使いこなせるようになりたい
★パソコン操作に必須のショートカットキーが知りたい
★ショートカットキーのホームポジション(指の位置)が知りたい
★ショートカットキーの練習方法(指使い)が知りたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショートカットキーの基本操作

ショートカットキーは便利そうだけど、種類が多くて思うように、覚えられないという方も多いのではないでしょうか?

パソコンの操作は、基本的にマウスだけでも十分に操作できますが、ショートカットキーを併用することで、パソコンの作業効率は格段にアップします。

ショートカットキーで使用する主なキーは【Shift】キー【Ctrl】キー【Alt】キー【Windows】キーの4種類と、他のキーを組み合わせて使用します。

ショートカットキーのメリット

ショートカットキーは、パソコン操作の効率化や、時短テクニックには、欠かせないツールです。

最初は、指使いが慣れるまで少し時間がかかりますが、一旦、覚えてしまえば、自然に指が動くようになり、スムーズにショートカットキーを使えるようになります。

ショートカットキーのメリット

  • 時短効果がアップする
  • より正確で効率的な作業が可能
  • マウスが使えない環境でも作業できる
  • パソコンの応用操作に使える
  • 右手の負担が軽減され疲れにくい

ショートカットキーの練習中の感想

  • 使いこなすまでに時間がかかる
  • パソコン初心者には少し難しい
  • 指使いに慣れるまでが大変
  • 最初は操作ミスが発生しやすい

ショートカットキーの覚え方

ショートカットキーが初めての方は、最初にキーボードの配列から、ショートカットキーで使用するキーの位置を確認しておきましょう。

ショートカットキーを覚えるコツは丸暗記するのではなく、使用するキーの意味を意識しながら、最初は、少数のショートカットキーに絞って練習すると良いでしょう。

ショートカットキーで使用するキーは、主にキーボードの左下に配置されていますので、最初は、簡単なショートカットキーから始めて、出来るだけ左側の指だけて操作するように練習します。

ショートカットキーの覚え方
  • STEP1
    キーボード配列を覚える
  • STEP2
    正しい指使いを覚える
  • STEP3
    ショートカットキーを実践で繰り返し練習する

ショートカットキーの指の位置と使い方

ショートカットキーを覚える際に、大切なことは、正しい指使いで練習することです。

パソコン操作の効率化や時短のために、ショートカットキーを覚えるのですから、スムーズに各キーを押せるように、指を置くことが重要です。

(ショートカットキーで使用する主なキーの配置)

ショートカットキーのホームポジション

ここで紹介している「ホームポジション」の指使いは、あくまでも基本で、ショートカットキーによっては、指使いを工夫する必要があります。

キーボードの種類によって、キーの配置が異なる場合や、最初に押すキーと次に押すキーの位置によっては、押しやすい指の位置を工夫する必要があります。

ホームポジション(指使いの基本)

左手左手のキー右手右手のキー
親指Alt・Space親指Space
人差し指or中指Tab小指Enter
小指or薬指Ctrl・Shift人差し指or中指or薬指矢印キー

例えば、ファイルのコピーを行うショートカットキー場合は、通常は【Ctrl】キーを左手の小指で押したまま【C】キーも、左手の人差し指で操作します。

私は【Ctrl】キーを左手の薬指で押したまま【C】キーを左手の人差し指で押しています。

■この記事を見た方にお勧めの商品

■Windowsで使える便利な90個のショートカットキーを一覧で紹介しています。

■特定のアプリにショートカットキーを割り当てる方法を別の記事で詳しく紹介しています。

【Shift】キーの使い方と概要

正しい指使い

左手の小指で【Shift】キーを押します。

Shiftキーは、キーボードの修飾キーの一つで「移動」や「転換」という意味を持ちます。

Shiftキーを押しながら、他のキーを組み合わせて使用することで、例えばアルファベットの大文字や記号を入力することができます。

【Shift】キーを使うショートカットキーの操作方法

操作するキーの数:2個

例:【Shift】+【F10】の操作方法は【Shift】キーを押しながら【F10】キーを押します。

操作するキーの数:3個

例:【Win】+【Shift】+【S】の操作方法は【Win】キーと【Shift】キーを押しながら【S】キーを押します。

【Shift】キーを使う便利なショートカットキー

パソコン初心者向けに、覚えておくと便利な【Shift】キーを使うショートカットキーを、一覧表にまとめてみました。

ショートカットキー操作内容
【Shift】+【F10】右クリックメニューを表示する
【Ctrl】+【Shift】+【N】新しいフォルダーを作成する
【Ctrl】+【Shift】+【Esc】タスクマネージャーを起動する

【Ctrl】キーの使い方と概要

正しい指使い

左手の小指で【Ctrl】キーを押します。

Ctrl(コントロール)キーは、パソコンで使用するキーボードの修飾キーの一つで「制御」するという意味があります。

Ctrlキーは他のキーと組み合わせて使用することで、キーボードによるコピー&ペーストなどの特殊機能を引き出すためのキーです。

【Ctrl】キー使うショートカットキーの操作方法

操作するキーの数:2個

例:【Ctrl】+【C】の操作方法は【Ctrl】キーを押しながら【C】キーを押します。

操作するキーの数:3個

例:【Ctrl】+【Shift】+【N】の操作方法は【Ctrl】キーと【Shift】キーを押しながら【N】キーを押します。

【Ctrl】キーを使う便利なショートカットキー

パソコン初心者向けに、覚えておくと便利な【Ctrl】キーを使うショートカットキーを、一覧表にまとめてみました。

ショートカットキー操作内容
【Ctrl】+【A】テキスト・ファイル・フォルダーを全て選択する
【Ctrl】+【F】ファイルやフォルダーを検索する
【Ctrl】+【D】Webページをブックマークする
【Ctrl】+【+】/【-】Webページの拡大と縮小
【Ctrl】+【0】Webページの表示倍率を元に戻す

【Windows】キーの使い方と概要

正しい指使い

左手の人差し指で【Windos】キーを押します。

Windowsキーは、Windows全般の操作を担う特殊キーです。

Windowsキー単体で使用すると「スタートメニュー」が表示され【Win】+【I】を押すとWindowsの設定を開くことができます。

【Windows】キーを使うショートカットキーの操作方法

操作するキーの数:2個

例:【Win】+【I】の操作方法は【Win】キーを押しながら【I】キーを押します。

操作するキーの数:3個

例:【Win】+【Shift】+【S】の操作方法は【Win】キーと【Shift】キーを押しながら【S】キーを押します。

【Windows】キーを使う便利なショートカットキー

パソコン初心者向けに、覚えておくと便利な【Windows】キーを使うショートカットキーを、一覧表にまとめてみました。

ショートカットキー操作内容
【Win】スタートメニューを表示
【Win】+【D】デスクトップを表示する
【Win】+【L】パソコンをロックする
【Win】+【R】ファイル名を指定して実行
【Win】+【Tab】タスクビューを開く

【Alt】キーの使い方と概要

正しい指使い

左手の親指で【Alt】キーを押します。

Altキーはキーボードの修飾キーの一つで「代替手段」という意味を持ちます。

普段使用しているキーを別の操作に切り替えるときに使用されます。

【Alt】キーを使うショートカットキーの操作方法

操作するキーの数:2個

例:【Alt】+【Tab】の操作方法は【Alt】キーを押しながら【Tab】キーを押します。

操作するキーの数:3個

例:【Alt】+【Shift】+【T】の操作方法は【Alt】キーと【Shift】キーを押しながら【T】キーを押します。

【Alt】キーを使う便利なショートカットキー

パソコン初心者向けに、覚えておくと便利な【Alt】キーを使うショートカットキーを、一覧表にまとめてみました。

ショートカットキー操作内容
【Alt】+【F4】PCのシャットダウンorウインドウを閉じる
【Alt】+【Tab】ウインドウを切り替える
【Alt】+【PrintScreen】アクティブウインドウを保存する

■この記事を見た方にお勧めの商品

初心者向けショートカットキー10選!

基本・必須のショートカットキー

Windowsパソコンでの使用頻度が多く時短効果も高い、初心者向けのショートカットキーを10個紹介します。

次のショートカットキーの一覧表で紹介している10個のショートカットキーから、覚えておくと良いでしょう。

ショートカットキー操作内容
【Ctrl】+【C】コピー
【Ctrl】+【V】貼り付け
【Ctrl】+【X】切り取り
【Ctrl】+【S】上書き保存
【Ctrl】+【Z】元に戻す
【Ctrl】+【Y】やり直す
【F2】編集モード
【F4】繰り返し
【F12】名前を付けて保存
【Delete】削除する

■この記事を見た方にお勧めの商品

■Windowsで使える便利な90個のショートカットキーを一覧で紹介しています。

■特定のアプリにショートカットキーを割り当てる方法を別の記事で詳しく紹介しています。

MITSUHIKO
MITSUHIKO

最後まで読んでいただきありがとうございます!

テキストのコピーはできません。