Windows11無線LAN【Wi-Fi】の接続方法を詳しく解説!

パソコンを外出先で使用したい!無線LAN(Wi-Fi)に繋がらない!などの理由で、無線LANのアクセスポイントに再接続したい場合は、インターネットの接続設定を、やり直す必要があります。Windows11のパソコンを無線LAN(Wi-Fi)に接続する方法を解説します。

この記事は以下のような人におすすめ!

★Windows11のパソコンをWi-Fiに接続したい!

★無線LAN(Wi-Fi)に繋がらない!

★無線LANやインターネット回線について詳しく知りたい!

スポンサーリンク

インターネットに接続したい!

光回線やCATVなどの高速インターネットに接続する場合は、回線事業者とインターネットプロバイダー(ISP)に契約する必要があります。

契約している回線事業者にあわせたONUやルーター、ケーブルモデムなどを設置して、無線LAN【Wi-Fi】の接続設定を完了して、インターネットに接続できるようになります。

インターネット光回線の種類

光回線には『光配線方法』『VDSL方式』『LAN方式』があります。

光配線方式

戸建て住宅と一部の集合住宅で提供されており、通信速度が速く安定しています。

LAN接続方式

集合住宅の一部で提供されており、通信速度も速く速度も安定しています。

VDSL方式

マンションやアパートなどの集合住宅で提供されており、通信速度は遅くなります。

光回線通信速速度使用回線
光配線方式最大1Gbps光ファイバーケーブル
LAN方式最大1Gbps光ファイバー・LANケーブル
VDSL方式最大1Gbps光ファイバー・電話回線

インターネット接続機器

インターネットの回線事業者と契約すると【無線LANルータ】をレンタルすることができます。

無線LANルーターは、インターネット回線事業者から提供されており、ルーター無線LANアクセスポイントの両方の機能を備えています。

個別のルーターや無線LANアクセスポイントは家電量販店で購入することができます。

インターネット接続機器特徴
ルーターPCやスマホなどをインターネット接続できる
無線LANアクセスポイント無線の電波を送受信できる
無線LANルータPCやスマホを無線LANでインターネット接続できる

無線LAN(Wi-Fi)の規格

無線LANには、利用する電波の違いや、通信速度によって、複数の規格があります。

ルーター・無線LANアクセスポイント・無線LANルーターなどの通信規格やパソコン・スマホなどのデバイスの通信規格により利用できる無線LANの規格が異なります。

無線LANの規格の利用周波数により、電波の届く範囲や距離が異なります。

2.4GHz帯は対応製品も多く、Bluetoothなどの製品でも使用され、使用する環境によっては、十分な速度が得られない場合があります。

一方で、5GHz帯は、通信速度は高速ですが、障害物や遠距離への接続に影響が出ることがあります。

規格最大速度利用周波数
IEEE 802.11a54Mbps5GHz帯
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz帯
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz帯
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz帯・5GHz帯
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz帯
IEEE 802.11ax9.6Gbps2.4GHz帯・5GHz帯

無線LAN【Wi-Fi】の接続方法

VDSLアダプター(ONU)下図の左側と、ホームゲートウェイ下図の右側の動作ランプ(緑色の点灯or点滅)状態の場合は、正常に動作しています。

インターネット接続機器が正常動作していることを確認し、パソコンで無線LAN(Wi-Fi)の接続設定をします。

ホームゲートウェイ

ルーター機能・Wi-Fi機能・光電話機能

VDSLアダプター

マンション共用部まで光ファイバーケーブルで、屋内は電話線で接続:最大速度100Mbps

ONU(光回線終端装置)

光回線をデジタル信号へ変換する装置

SSID・暗号化キー

無線LANの接続をする前に、無線LANルーターの側面に記載してある『SSID』と『暗号化キー』を、メモに控えておきます。

SSID(2.4GHz帯)ABCD75H365K812-2G
SSID(5GHz帯)ABCD75H365K812-5G
暗号化キー(PSK-AES)123456789123456

パソコンで無線LANの接続を設定する方法

先程メモしておいた『SSID』と『暗号化キー』を手元に用意しておきます。

①Windows11のタスクバー右下の【インターネット・オーディオ・バッテリー】をクリックします。

②『インターネット・オーディオ・バッテリー』が表示されましたら、『Wi-Fi』の【>】をクリックします。

③『Wi-Fi』の一覧から、無線LANルーターの横に記載している接続先(SSID・BSSID)を選択します。

先程メモしておいた『SSID』と同じSSIDを選択します。

④次に指定したSSIDの『自動的に接続』に☑チェックマークを入れ【接続】をクリックします。

⑤指定したSSIDの『ネットワークセキュリティキーの入力』の欄に【暗号化キー】を入力し【次へ】をクリックします。

先程メモしておいた『暗号化キー』を入力します。

⑥無線LANの接続に成功すると指定したSSIDの欄に『接続済み、セキュリティ保護あり』と表示されます。

パソコンがWi-Fiに接続できないときのチェック項目

Windows11のパソコンで無線LAN(Wi-Fi)に繋がらないときに確認すべき項目を紹介します。

ONUと無線LANルーターの動作を確認

VDSLアダプター(ONU)下図の左側と、ホームゲートウェイが、正常に動作していることを確認します。

ONUと無線LANルーターのランプが緑色の点灯or点滅で正常に動作しています。

ホームゲートウェイを再起動する

①有線LAN接続のパソコンの電源を切る

②ホームゲートウェイの電源を切る

③ONUの電源を切る

電源を入れるときは、逆の手順で電源を入れます。

ONUとホームゲートウェイを初期化する

①ホームゲートウェイの本体のリセットボタンと機能ボタンを同時に1~2秒押す

②ONUは電源を1度切り2~3分後に電源を入れます。

ネットワーク設定を確認する

無線LAN(Wi-Fi)に接続できないときは、Windows11の【ネットワークとインターネット】の設定を確認してください。

①『スタートボタン』をクリックし『設定』を選択後【ネットワークとインターネット】を選択し【機内モード】とワイヤレスデバイスの【Wi-Fi】の設定を確認します。

•『機内モード』が【オフ】になっていることを確認してください。

•『ワイヤレスデバイス』の【Wi-Fi】が【オン】になっていることを確認してください。

無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティ対策についての詳細は、別の記事で紹介しています。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事