Wordで目次を作成・編集する:参考資料
スポンサーリンク

Wordの文章ページが多数ある場合は目次を作成すると文書・資料・レポートなどの編集が楽になります。また、目次を利用して目的のページへ素早く移動するこもできます。目次の作成方法には、色々な方法がありますが最も分かりやすい方法を図解式で詳しく解説します!

この記事は以下のような人におすすめ!

★Wordで作成した文書に目次を追加したい

★目次の編集方法について知りたい

★目次の削除方法について知りたい

スポンサーリンク

目次を作成するメリット:Word

Wordの文章もページ数が多くなると、知りたい情報を探すのに、手間と時間が掛かります。

Wordの目次には、ページへのリンク機能があり、素早く目的の情報へアクセスすることができます。

目次作成のメリット①:目次の項目から任意のページへ素早く移動することができます。

目次作成のメリット②:ページ数が増えた文書・資料・レポートなどの編集が楽になる。

目次作成のメリット③:ページごとの文書・資料・レポートなどの内容が一目でわかる。

MITSUHIKO
下記の様な目次を作成できます!

Wordで目次を作成する方法

MITSUHIKO
目次を作成する前に『アウトラインレベル』を設定します

Wordで目次を作成するときには事前に【アウトラインレベル(見出しを設定)】をしておく必要があります。
目次の作成方法はたくさんありますが、初心者の方にも優しい簡単な方法を紹介します。

今回はサンプル文書3ページを使用して目次を設定します。

アウトラインレベルの設定方法

目次を作成する前に『アウトラインレベル』を設定しておく必要があります。

MITSUHIKO
アウトラインレベルとは本文の見出しを階層化したものです

第一章『レベル1』 
 第一節『レベル2』
  第一項『レベル3』

見出し(レベル1)を設定する方法

①アウトラインレベルの第一章『レベル1』となる箇所を範囲選択します。
【Ctrl】キーを押しながらマウスで選択します。 

②Wordのリボンから『参考資料』を選択し【テキストの追加】をクリックします。

③『テキストの追加』から【レベル1】を選択します。

アウトラインレベルの第一章『レベル1』の設定が完了しました。
第一章『レベル1』の見出しの先頭に【・】中点が表示されていることを確認します。

見出し(レベル2)を設定する方法

①アウトラインレベル第一節『レベル2』となる見出しの先頭行に【カーソル】を移動します。

②Wordのリボンから『参考資料』を選択し【テキストの追加】をクリックします。

③『テキストの追加』から【レベル2】を選択します。

アウトラインレベルの第一節『レベル2』の設定が完了しました。
第一節『レベル2』の見出しの先頭行に【・】中点が表示されていることを確認します。

『アウトラインレベル』が設定されると見出しの先頭行に【・】中点が表示されます。

目次を作成する

『アウトラインレベル』の設定が完了しましたら目次を作成します。

①目次を作成する場所にカーソルを移動します。今回はタイトル直下に目次を作成します。

②Wordのリボンから【参考資料】タブを選択し【目次】を選択します。

③目次のメニューから【自動作成の目次2】を選択します。

※目次を自動作成すると目次のリンクも自動的に作成されます。

目次を編集する方法

目次を編集し『ページ番号』の更新して目次専用ページを作成します。

■作成された目次を更新してページ番号を正しく反映させます。

①目次を選択しWordのリボンから『参考資料』を選択し【目次の更新】を選択します。

別の方法:作成した目次の上部の【目次の更新】をクリックすることでも『目次の更新』が実行できます。

②『目次の更新』の種類を選択します。

目次をすべて更新する:見出しのテキストの更新とページの変更内容も反映されます。

ページ番号だけを更新する:見出しがオンになっているページだけが更新され見出しのテキストに対する変更は除外されます。。

目次専用ページを作成する

目次のページの文末部分に本文が残っていますので『ページ区切り』を使用して本文を次のページへ移動します。

①移動する文頭へカーソルを移動します。

②Wordのリボンから【レイアウト】タブを選択し【区切り】を選択します。

③『ページ区切り』のメニューから【改ページ】を選択します。

■目次専用ページが完成しました。

目次の使い方

目次ページにはリンク機能があり指定のページは移動できます。

①目次のページから指定した見出しのページへ移動するには【Ctrl】+マウスで目次を選択し👆マークが出現したらクリックすると指定したページへ移動できます。

目次を削除する方法

MITSUHIKO
作成した目次はいつでも削除することができます

①Wordのリボンから【参考資料】を選択し【目次】を選択します

②目次のメニューから【目次の削除】を選択します。

改ページを削除する方法

MITSUHIKO
目次の削除に伴う不具合を修正します

目次を作成した文書に『改ページ』が挿入されている場合は『目次』を削除すると改ページが目次の最上部へ自動的に移動します。


目次を削除した直後はカーソルだけが表示されていますので『改ページ記号』を表示させて削除します。

①Wordのリボンの『ホーム』タブの『段落』グループから【編集記号の表示/非常時】をクリックします。

■このように『改ページ記号』が表示さます。

②『改ページ記号』の文頭にカーソルを移動し【Delete】キーを押します。

『改ページ記号』を削除すると本文がTOPページのタイトル直下に移動しました。

アウトラインレベルを解除する方法

アウトラインレベルを解除して見出しの左側にある『黒点』を削除します。

①『黒点』がある見出しのすべてを『範囲選択』します。

②Wordリボンの『ホーム』タブの『スタイル』グループの【標準】を選択します。

■目次が削除され編集前の文書に戻りました。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!
おすすめの記事