Windows11マルチディスプレイが検出されない原因と対処法!

Windows11でマルチディスプレイが検出されない原因は、映像ケーブルの接続問題やドライバーに問題が発生しているなど原因は多岐にわたります。マルチディスプレイが拡張できない、認識されない原因と対処法を詳しく解説します。

この記事は以下のような人におすすめです。

★マルチディスプレイが検出されない原因が知りたい!

★マルチディスプレイが検出されない対処法が知りたい!

スポンサーリンク

マルチディスプレイが検出されない原因

Windows11で、マルチディスプレイが拡張できない原因は、ディスプレイドライバーの問題や映像ケーブルが正しく接続できていないなど多岐にわたりますが、その中でもHDMIケーブルを使用したトラブルが多く見受けられます。

マルチディスプレイが認識しない主な原因について解説します。

ディスプレイが検出されない原因その①

ディスプレイが認識されない原因は、HDMIケーブルの不良や、Windowsのシステムの問題ディスプレイの設定などが考えられます。

ディスプレイが検出されない原因そ②

その他の原因としては、ハードウェアの不具合やトラブルが原因として考えられます。

グラフィクドライバーの破損グラフィックカードの故障モニターの接続端子の破損、またはBIOSの設定が影響している可能性も考えられます。

マルチディスプレイが検出されない場合の対処法

外部ディスプレイが検出されない原因は様々で、最初は、Windows11のディスプレイ設定から確認し、ハードウェアの確認まで、7通りの対処法を紹介します。

パソコンを再起動する

Windows11のシステムがディスプレイを検出していない場合にパソコンを再起動することにより、ディスプレイを認識しない問題が解決されることがあります。

ディスプレイ設定を確認する

Windows11のディスプレイ設定を見直すことで、マルチディスプレイが検出されない問題を解決できる場合があります。

①『スタートボタン』をクリックし【設定】を選択し【ディスプレイ】を選択します。

②『ディスプレイ』の設定画面で『マルチディスプレイ』を選択し【検出】ボタンをクリックします。

それでも解決しない場合は、キーボードの【Win】+【P】を押し【複製】または【拡張】を選択します。

PCモニターの設定を確認する

接続した映像ケーブルの規格とディスプレイの【入力設定】が正しい設定になっていることを確認します。

PCモニターの『入力設定』が接続している映像ケーブルの規格と異なる場合は再設定し、それでも解決しない場合はPCモニターをリセットします。

パソコンの放電を実行する

パソコンの本体のマザーボードに不要な電気が帯電していると、マルチディスプレイが認識されないことがあります。

放電の手順その①

パソコンの電源をOFFにし、接続しているケーブル類をすべて取り外します。

放電の手順その②

電源ボタンを5~6回くらい連続で押す、または10秒間、電源ボタンを押したままにしておきます。

その後は、周辺機器を接続してパソコンの電源をONにします。

グラフィクドライバーを再インストールする

NVIDIA製やAMD製のPCI Express接続のグラフィックカードを使用している場合のドライバーの削除方法を解説します。

グラフィクドライバーが破損、または古いデバイスドライバーを使用している場合に外部ディスプレイが拡張されない場合があります。

このような場合は、グラフィクドライバーを、1度アンインストールし、再度インストールします。

①『コントロールパネル』を開き『プログラムのアンインストール』を選択します。

②『プログラムとアンインストールまたは変更』の一覧から該当するグラフィクドライバーを『右クリック』し【アンインストールと変更】をクリックして削除します。

③グラフィクドライバーの削除が完了しましたら、パソコンを再起動します。

PCを再起動後にグラフィクドライバーが、新たにインストールされます。

※インターネットに接続してい場合は、PCを再起動してもグラフィクドライバーがインストールされません。

プログラムと機能にグラフィクドライバーがない場合

NVIDIAやAMDのグラフィックカードを使用している場合に、マイクロソフト公式のグラフィクドライバーが適用されている場合に、まれに『プログラムと機能』のにグラフィクドライバーが表示されていないケースがあります。

この場合は、デバイスマネージャーから該当するグラフィクドライバーを削除します。

①『スタートボタン』を【右クリック】し、メニューから『デバイスマネージャー』を選択します。

②『デバイスマネージャー』から該当するグラフィクドライバーを【右クリック】します。

③メニューから【デバイスのアンインストール】を選択します。

CPU内蔵(オンボード)のディスプレイアダプターを再インストールする方法

CPU内蔵(オンボード)のAMD Radeon(TM)R2 Graphicsを使用している場合のディスプレイアダプターの削除方法を解説します。

①『スタートボタン』を【右クリック】し、メニューから『デバイスマネージャー』を選択します。

②『デバイスマネージャー』が開きましたら、該当するディスプレイアダプターを選択し【右クリック】します。

③メニューから【デバイスのアンインストール】を選択します。

④『デバイスのアンインストール』では【このデバイスのドライバーを削除しようとしました】に☑チェックを入れ【アンインストール】をクリックします。

⑤デバイスのアンインストールが完了しましたら、【パソコンを再起動】します。

PCが再起動され自動的に、ディスプレイアダプターが、再インストールされます。

※インターネットに接続していない場合は、ディスプレイアダプターが再インストールされません。

そのような場合は、インテルやAMDの公式サイトより、専用ドライバーを入手してください。

グラフィックドライバーの削除と更新方法は、下記の記事『グラフィックドライバーのインストールと削除』で詳しく紹介しています。

映像ケーブルを確認する

HDMIケーブルとは映像と音声信号を同時に転送できる画期的なディスプレイケーブルです。

映像ケーブルの中でもHDMIケーブルのトラブルを使用した場合に外部ディスプレイが検出されないことがあります。

ディスプレイの解像度が4K対応の場合は、HDMI 1.4以降のケーブルが必要です。

4K対応HDMIケーブル:Premium High-Speed HDMI Cables

HDMIケーブルの性能HDMI規格のバージョン
スタンダードVer.1.2以前
ハイスピードVer1.3~1.4
プレミアムハイスピードVer2.0【4K対応】
ウルトラハイスピードVer2.1~

HDMIケーブルの中には『HDMIミニケーブル』や『HDMI DVIケーブル』などがあります。

HDMIケーブルの接続方向を確認する

HDMIケーブルの中には、入力側と出力側が指定されているケーブルがありますので、接続方向を確認します。

接続方向確認する方法は、HDMIケーブルの矢印Signal Flowの表記を確認して判断します。

HDMI端子を確認する

ディスプレイ側がHDMIの入力端子(IN)で、パソコン側がHDMIの出力端子(OUT)に接続されているか確認します。

HDMIケーブルを交換する

HDMIケーブルは故障や接触不良を起こしやすいので、DVIケーブルDub15ピン端子のケーブルに交換してディスプレイが正常に映るか確認します。

映像ケーブルを交換してディスプレイが正常に映る場合は、HDMIケーブルを新しい製品と交換します。

UEFI(BIOS)を初期化する

UEFI(BIOS)の設定が影響して、外部ディスプレイが認識されない場合があります。

ASUSのBIOSを例に解説しますが、BIOSの初期化方法は他のメーカーでも同じような手順になります。

①パソコンを再起動し、メーカーロゴが表示されましたら【F2】キー、または【Delete】キーを連打し、UEFI(BIOS)画面を開きます。

②UEFI(BIOS)画面が表示されましたら【終了】タブを選択し、Load Setup Defaults(工場出荷時の状態に戻す)を選択し、BIOSの初期化が完了しましたら、Seve Changes & Reset(変更を保存しリセット)を選択します。

③パソコンが自動的に再起動されますので、ディスプレイが正常に検出されているか確認します。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事