ブログを収益化する!サイト設計の必要性とは?資本力とEATが必須!
スポンサーリンク

ブログの作成する前にサイト設計を行いブログの方向性を定めることで、収益化に有利なブログをスムーズに作成することができます。ブログの収益化に必要なサイト設計とEATについて詳しく解説します。

この記事は以下のような人におすすめ!

★アフィリエイトブログを始めたい!

★サイトのアクセス数が少ない、または、集客できない!

★ブログを収益化したい!

スポンサーリンク

ブログ収益化に必要なこととは?

サイト運用管理の業務経験から「サイト設計」の必要性についてまとめてみました。

収益に繋がりやすいブログを作成するためには、ブログの方向性と『読者に伝えたいこと』を明確にし、記事の作成では、SEO効果の高い『キーワードの選定』を行うことが重要です。

ブログの方向性を定める

どんなブログを作りたいのか、読者に伝えたいことを明確にしておきます。

SEOキーワードの分析

どんな記事を作成するのか、事前にキーワード分析をしておきます。

ブログ構造を構築する

ブログのタイトルと『カテゴリー』と『タグ』から『記事のタイトル』などを決めておきます。

ブログを作成し時間の経過とともに、色々な修正や失敗に遭遇することがあります。

例えば、ブログのタイトルなどを途中で変更する場合は、SEOの問題から検索順位への影響も懸念されます。

また、アフィエイトで収益を求める場合は、ある程度の「資本金」が必要になります。

例えば、グルメのレビュー記事を作成する場合に、実際にお金を払って購入した食品や食材を食べてからレビューすることで、信頼性が高い独自性の記事を作成できます。

Google検索の上位表示や、アドセンスの審査では『独自性の高いコンテンツ』が重要視されています。

サイトを新規に作成する前に「サイト設計」を実施することをお勧めします。

結論①:サイト設計あり➡スムーズに記事作成が行え時間効率が良くなり収益性が高くなる

結論②:サイト設計なし➡紆余曲折を繰り返し無駄な時間が増え最悪の場合は挫折します。

サイト収益化に必要な3カ条!

ブログで収益を得るためにはブログの信用性が必要で『EAT』『資本力』『サイト設計』に沿って計画的にブログの作成を行います。

EAT:●Expertise(専門性)●Authoritativeness(権威性)●Trustworthiness(信頼性)

専門性:特化ブログ・高度な知識や経験

権威性:管理者の職種や経歴・資格・スキル

信頼性:特定商取引法の表示・運営者情報の公開

資本力:自ら商品サービスを購入し【レビュー記事】や【比較記事】を執筆することにより質の高い「キラーページ」を作成することができます。

サイト設計:❶「サイトの方向性」を定める❷「ターゲット」を決定❸「キーワード」を決定

★記事制作を外注に依頼する場合にも経費が必要です資本力は成功への道のりを加速させます

サイト設計とは?

プロのWeb制作者は【Webサイト制作】による明確な成果(収益結果)が求められます。

★そのために最初に取り組む業務が「サイト設計」になります。

★個人のブログでも「ブログの収益化」を目指すのであれば「サイト設計」は必須となります。

サイトの概要設計

MITSUHIKO
最初にサイトの全体図(構造・骨格)をきめます

ユーザビリティの向上

ポイント①

Webサイトに訪問したユーザーが目的のページへたどり着けるように導線を築いて誘導します。

ポイント②

ブログの収益化を考える場合は導線を築いて「ランディングページ」から「キラーページ」へ誘導する必要があります。

ユーザーは『検索エンジン』や『SNS』経由で様々なページにアクセスしてきますが最初から「キラーページ」にアクセスするとは限りません。

ポイント③

「まどめ記事」や「サイトマップ」を作成することによりユーザーをダイレクトに目的のページへ誘導することができ『ユーザー満足度』を向上させることができます。

キラーページ:収益に繋がる記事

ランディングページ:集客ページ

MITSUHIKO
サイトの設計図はWordまたはExcelで作成できます
サイト設計の
詳細
基本の選択肢
サイトの規模①ペラサイト~小規模サイト ②中規模~大規模サイト
サイトの運用方法ペラサイト:販売特価型サイトで1ページで完結する
サイト型:ジャンルに特価した販売特価型サイト
ブログ型:特価型・雑記型など情報発信をメインにしたサイト
サイトの設計①TOPページ②まとめ記事③カテゴリー④サイトマップ
⑤導線と目的
集客方法①SEO②SNS③営業④メルマガ配信
Web制作①制作ソフトの選定②WordPressならテーマを決めます③HTML・CSS・PHP
ジャンル選定基準①サイトの方向性②非YMYL③EAT④マネタイズ⑤商品⑥ターゲットユーザー
カテゴリー選定①親カテゴリー②子カテゴリー③タグページ
マネタイズ①Google AdSense②アフィリエイト
セキュリティ対策①サーバーの標準のセキュリティ対策と個別セキュリティ対策

サイトの基本設計

まとめ記事:複数の個別記事へ誘導するページ

メリット:アクセスUPに繋がる・SEOに効果がある

カテゴリー:テーマ別にまとめたページ

メリット:ユーザビリティの向上・読者の利便性を高める

サイトマップ:サイトやブログの地図になります。

メリット:訪問した読者を目的の記事に誘導するためにリスト形式で作成した記事でSEO対策にも有利になります。

導線・動線設計

MITSUHIKO
導線設計はブログ作成後でも設定が可能です

サイトに訪れたユーザーが目的の情報にたどり着く前に離脱しないように内部リンクなどで誘導することにより、サイト内の回遊率が高くなり、PV数のUPに繋がります。

上手に「キラーページ」へ誘導することができれば「コンバージョン」へ繋がる確率もUPします。

導線:「キラーページ」へ誘導するための経路

動線:ユーザーがサイト内で辿った経路

サイトの規模と運用方法

WordPressシリウスドリームウィーバーホームページビルダーバインド無料ブログ

MITSUHIKO
サイトの規模によって運用方法が異なります

長期的な運用を目指すのか、ペラサイトのような完結型の運用を目指すのか【サイト設計】で重要な選定となります。

②【高速なレンタルサーバー】を使用する(ページの高速表示はSEOで有利)

集客施策

■ブログアクセスのメインは【SEO】がメインとなりますが【SNS】や【営業】などの集客計画をサイト設計で明確にしておきましょう。

Webデザイン(テーマ選び)

MITSUHIKO
ブログの信頼性と第一印象は「テーマ」が重要となります

①『WordPress』でブログ制作(Googleアドセンス審査やアフィリエイト審査にも有利)

③『Webデザイン』のカスタマイズメンテナンスの効率化

※テーマの不具合が少ないまたはテーマの更新が頻繁に行われているテーマを選ぶ

※『テンプレートのデザイン』と機能性内部SEO対策に優れているテーマを選ぶ

デザイン面機能面では「メニューバー」「プルダウンメニュー」「Gutenberg対応」「サイト型・ブログ型」「ヘッダーフッター」「カラムデザイン」「テーマの編集」「カスタマイズ性」「見出しデザイン」その他多数の条件をクリアした『WordPressテーマ』を選択します。

これらの条件をクリアできる「WordPressテーマ」が最適です。

MITSUHIKO
当ブログは有料テーマ「Diver」を使用しています

ジャンル選定基準(サイトのテーマ)

サイトの方向性とジャンルを選定する

稼げるジャンル

収益性が高い商品・サービスに特化したブログ

自分の得意分野

権威性を発揮できるジャンル・経歴や実績・保有する資格を活かしたジャンルでブログを作成

流行・最新情報

話題性のある分野・時代の流れを優先した

カテゴリー設定

カテゴリーで記事を分類する

①SEOを意識してカテゴリー名を決める

②固定ページで親カテゴリーページを作成し、さらに子カテゴリーでまとめる

サイトセキュリティ対策

※サイトの収益化には直接は関係ないと思われますが「サイトの改ざん」や「ウイルス感染」などが表面化すればサイトの【信頼性は失墜】し最悪の場合は、賠償責任サイトの閉鎖を余儀なくされることもあります。

WordPressは『デフォルトではセキュリティが脆弱』なのでサイト設計の時点で具体的なセキュリティ対策を計画します。

MITSUHIKO
セキュリティ対策はサイト立ち上げ後でも良いです!

完全SSL化

すべてのページをSSLにより暗号化

ハッキング対策(サーバーのセキュリティ対策以外の設定)

「海外アクセス制限」「ブルートフォース攻撃対策」「ログインパスワード対策」「ファイアウォール設定」

■当ブログでは読者に安心して利用していただけるように多数のセキュリティ対策を施しています。

ブログの運営方法

ブログの収益化で大切なことは、EAT(専門性・権威性・信頼性)です。

信用がないブログからは、商品やサービスは売れません。

ブログのジャンルによっては、個人より法人で運営した方が信頼性やSEOでは有利になります。

実践結果①

記事の導線を見直し、低品質なページのリライトを実施した結果、平均ページ滞在時間の増加とCTR(クリック率)が改善されました。

実践結果②

ブログメンテナンスを実施(サイトデザインの変更)やキラーページランディングページのページのリライトを実行することで、平均ページ滞在時間を増やしサイトの信頼性を回復する。

実践結果③

低品質なページの削除と話題性が高い高品質なページの作成することにより、サイト訪問者数の増加とPVのUPに繋がりました。

アクセス解析を積極的に利用する

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを利用して、ユーザの動向を調査します。

Googleアナリティクスから『行動』『サイトコンテンツ』『すべてのページ』を参照して【平均ページ滞在時間】が少ない記事をリライトします。

『平均ページ滞在時間』を増やすためには、個別記事のリライトを実行します。

【平均ページ滞在時価間】が30秒以下の記事を対象にリライトするとよいでしょう。

※古い記事をリライトした場合はこの『平均ページ滞在時間』の値は直ぐには反映されません。あくまで平均ですので記事を新規投稿してから現在までの『平均ページ滞在時間』になります。

Googleサーチコンソールで、検索クエリを調査し有効なキーワードを探し、新規記事の作成や、既存記事のタイトルや見出しに適用する。

アクセスUPにはロングテールキーワードが有効

近年、GoogleやBigの検索では、法人のサイト古参ブロガーが軒並み検索順位の上位を独占しており、後発組の個人ブログでの上位表示が難しくなっていいます。

そこで、ターゲットを絞り込んだ『ロングテールキーワード』で記事のタイトルを設定することにより、一定度の集客を確保することができます。

MITSUHIKO
【ロングテールキーワード】とは複数のキーワードを意味します

■具体的には【ビッグキーワード】+【ミドルキーワード】+【スモールキーワード】
又は【ミドルキーワード】+【ミドルキーワード】+【スモールキーワード】

:旅行+〇〇〇+△△△

■ロングテールキーワードを利用するとコンバーション率(CVR)を向上させユーザーを絞り込む効果があります。

コンバーション率とは

★サイトに訪問したユーザーが商品やサービスを購入した割合を意味します。

:100人訪問➡5人購入:コンバーション率5%

コンバーション率が高い理由とは?

購買意欲の高い人にターゲットを絞り込んで集客できるので成約率が高い

SEO効果

新規に作成したブログでは、記事内にビッグキーワードを適用しても上位表示が難しく、ドメインパワーが強いライバルサイトに対抗できません。

『ロングテールキーワード』を使用して、一定のユーザーに絞り込むことで、検索結果で上位表示を狙うことができます。

サイト設計まとめ

近年Googleの検索アルゴリズムの変更により、個人ブログは、厳しい状況に直面しています。

アイデアやひらめきだけで、ブログを作成しても収益への道のりは遠いと言わざる負えません。

2020年5月のGoogleコアアルゴリズムアッデートではYMYL系を中心に大きな検索順位の変動があり、特に『医療・健康』『金融』『アフリエイト』の個人ブログに影響がありました。

一方で『公式サイト』や『企業サイト』の検索順位は上昇しています。

GoogleはEAT(専門性・権威性・信頼性)を重視しており『何を書くかより誰が記事を書いのかが重要です』と明言しています。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!
おすすめの記事