エクセルで表の行と列を入れ替える方法!(列が移動できないときの対処法)

Excelで表を編集中に行や列を簡単に入れ替える方法を詳しく解説します。また、行や列が移動できないときの対処法も詳しく解説します。

この記事は以下のような人におすすめ!

★Excelの行と列の移動方法について知りたい

★Excelで列が移動できないときの対処法について知りたい

スポンサーリンク

Excelで行や列の移動方法

エクセルの表を編集中に行や列を入れ替えたい!

そんなとき行や列の入れ替える方法は色々ありますが今回は【Shift】キーを押しながらドラッグアンドドロップで簡単に行や列を移動する方法を紹介します。

マウスを使った行や列の選択方法

行や列を移動する前に選択方法も色々あります。

今回は主にショートカットキーを使った行や列の選択方法を紹介していましがマウスを使った行や列の選択方法も合わせて紹介します。

マウスを使って列を選択する方法

マウスで列を選択する方法を紹介します。

例として下図を参考に列番号C列を選択します。

①マウスを列番号C列に移動すると下向き矢印【▼】が出現します。

②下向き矢印が出現した状態でクリックします。

■列番号C列がすべて選択されました。

マウスを使って行を選択する方法

マウスを使って行を選択する方法を紹介します。

例として下図を参考に行番号4行目を選択します。

①マウスを行番号4行目に移動すると右向きき矢印【▶】が出現します。

②右向き矢印が出現した状態でクリックします。

■行番号4行目がすべて選択されました。

表の列を入れ替える方法

今回は下図を参照に【H列】を列番号G番に移動する方法を紹介します。

①最初に【H】列の【1】行にカーソルを置きキーボードの【Ctrl】+【Space】キーを押し1列全てを範囲選択します。

②選択範囲された緑色の縁にカーソルを移動すると下図の様に【✚】(手裏剣)のマークが出現します。(下図参照)

③【Chift】を押しながら、『移動したい列』まで【✚】(手裏剣)のマークを【ドラッグ】します。

④ドラッグすると移動する列の左側に『緑色の縦線』が出現すます。移動したい場所までドラッグすると列の入れ替えができます。

表の一部の列の入れ替え方法

表の1行目にタイトルがありますので『表内の1部の列を移動』する方法を紹介します。

移動する列の一番上にカーソルを移動して【Ctrl】+【Chift】+【▼】を押し下図の様に移動したい列を範囲選択します。

②選択範囲された緑色の縁にカーソルを移動すると下図の様に【✚】(手裏剣)マークが出現します。(下図参照)

③【Chift】を押しながら、移動したい列まで【✚】(手裏剣)のマークをドラッグします。

表の行を入れ替える方法

①移動したい行の左隅にカーソルを移動し、キーボードの【Chift】+【Space】キーを押します。

②移動する行の緑色の縁にカーソルを移動すると【✚】(手裏剣)マークが出現します。

③【Chift】キーを押しながら移動したい行まで【✚】(手裏剣)マークをドラッグします。

列の移動ができない】ときの対処法

Excelでは列の移動の際に一定のルールがあり【セルの結合】があると列の移動ができなくなります。

①下図の様に【H】列を【G】列と入れ替えたいのですが作業が上手くいきません。

②列を移動しようとすると『この操作は結合したセルには行えません』と警告が表示されました。

「この操作は結合したセルには行えません」解決方法

①下図の場合はNo.【1】の行に『セルの結合』が設定されており、この事が原因で列の移動ができませんので、『セルの結合』を解除します。

この時点で列の移動はできますが、下図の様に表のタイトルが左端に移動しているので修正します。

お勧め:この先も列の移動を繰り返し行うのであれば、タイトルの見た目はそのままに列の移動ができる様にExcelの設定を変更しておきます。

②キーボードの【Ctrl】+【1】を押して【セルの書式設定】を開き、【配置】タブ→【文字の配置】→【横位置】のプルダウンメニューの【選択範囲内で中央】を選択して【OK】をクリックします。

■下図が完成図になります。タイトルの『セルの結合』も解除され列も移動できる状態になっています。

MITSUHIKO
最後まで読んで頂きありがとうございます!

おすすめの記事